フィンガープリント 薬理学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    陽一郎の写真なし阿部
    19912020
    真理子の写真なし竹馬
    19972018
    智愛の写真なし石川

    石川 智愛

    人物: Academic

    20132020

    研究成果

    Behavioral and electrophysiological evidence for a neuroprotective role of aquaporin-4 in the 5xFAD transgenic mice model

    Abe, Y., Ikegawa, N., Yoshida, K., Muramatsu, K., Hattori, S., Kawai, K., Murakami, M., Tanaka, T., Goda, W., Goto, M., Yamamoto, T., Hashimoto, T., Yamada, K., Shibata, T., Misawa, H., Mimura, M., Tanaka, K. F., Miyakawa, T., Iwatsubo, T., Hata, J. I. および2人, Niikura, T. & Yasui, M., 2020 5 12, : : Acta Neuropathologica Communications. 8, 1, 67.

    研究成果: Article

    公開
  • Effect of increased daily water intake and hydration on health in Japanese adults

    Nakamura, Y., Watanabe, H., Tanaka, A., Yasui, M., Nishihira, J. & Murayama, N., 2020 4, : : Nutrients. 12, 4, 1191.

    研究成果: Article

    公開
  • Effect of oral administration of nicotinamide mononucleotide on clinical parameters and nicotinamide metabolite levels in healthy Japanese men

    Irie, J., Inagaki, E., Fujita, M., Nakaya, H., Mitsuishi, M., Yamaguchi, S., Yamashita, K., Shigaki, S., Ono, T., Yukioka, H., Okano, H., Nabeshima, Y. I., Imai, S. I., Yasui, M., Tsubota, K. & Itoh, H., 2020 1 1, : : Endocrine journal. 67, 2, p. 153-160 8 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)