フィンガープリント 分子生物学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    英毅の写真なし蓮輪
    19982019
    大嗣の写真なし石津
    20082019
    由香の写真なし岩崎
    20132019

    研究成果

    Armitage determines Piwi−piRISC processing from precursor formation and quality control to inter-organelle translocation

    Yamashiro, H., Negishi, M., Kinoshita, T., Ishizu, H., Ohtani, H. & Siomi, M. C., 2019 1 1, (Accepted/In press) : : EMBO Reports. e48769.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    Broad Heterochromatic Domains Open in Gonocyte Development Prior to De Novo DNA Methylation

    Yamanaka, S., Nishihara, H., Toh, H., Eijy Nagai, L. A., Hashimoto, K., Park, S. J., Shibuya, A., Suzuki, A. M., Tanaka, Y., Nakai, K., Carninci, P., Sasaki, H. & Siomi, H., 2019 10 7, : : Developmental Cell. 51, 1, p. 21-34.e5

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    Essential roles of Windei and nuclear monoubiquitination of Eggless/SETDB1 in transposon silencing

    Osumi, K., Sato, K., Murano, K., Siomi, H. & Siomi, M. C., 2019 1 1, (Accepted/In press) : : EMBO Reports. e48296.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)