フィンガープリント 小児科学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    威志の写真なし有光
    20082019
    奉延の写真なし長谷川
    19862020
    麻里子の写真なし飛彈
    19992020

    研究成果

    A phase I/IIa double blind single institute trial of low dose sirolimus for Pendred syndrome/DFNB4

    Fujioka, M., Akiyama, T., Hosoya, M., Kikuchi, K., Fujiki, Y., Saito, Y., Yoshihama, K., Ozawa, H., Tsukada, K., Nishio, S. Y., Usami, S. I., Matsunaga, T., Hasegawa, T., Sato, Y. & Ogawa, K., 2020 5 1, : : Medicine. 99, 19, p. e19763

    研究成果: Article

    公開
  • Biallelic Mutations in the LSR Gene Cause a Novel Type of Infantile Intrahepatic Cholestasis

    Uehara, T., Yamada, M., Umetsu, S., Nittono, H., Suzuki, H., Fujisawa, T., Takenouchi, T., Inui, A. & Kosaki, K., 2020 1 1, (Accepted/In press) : : Journal of Pediatrics.

    研究成果: Article

  • Central precocious puberty in a boy with pseudohypoparathyroidism type ia due to a novel GNAS mutation

    Kagami, R., Sato, T., Ishii, T., Araki, E., Yamashita, Y., Shibata, H., Ishihara, J. & Hasegawa, T., 2020 1 1, : : clinical pediatric endocrinology. 29, 2, p. 89-90 2 p.

    研究成果: Article

    公開