フィンガープリント 泌尿器科学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    忠譜の写真なし案納
    20182019
    宏の写真なし浅沼
    19932020
    威雄の写真なし小坂
    20022020

    研究成果

    公開
  • Appropriate timing for a biochemical evaluation after adrenalectomy for unilateral aldosterone-producing adenoma

    Takamatsu, K., Takeda, T., Hattori, S., Tanaka, N., Morita, S., Matsumoto, K., Kosaka, T., Mizuno, R., Shinojima, T., Kikuchi, E., Asanuma, H., Kurihara, I., Itoh, H. & Oya, M., 2020 1 1, (Accepted/In press) : : Clinical Endocrinology. 92, 6, p. 503-508 6 p.

    研究成果: Article

  • Author Correction: MUC1-C regulates lineage plasticity driving progression to neuroendocrine prostate cancer (Nature Communications, (2020), 11, 1, (338), 10.1038/s41467-019-14219-6)

    Yasumizu, Y., Rajabi, H., Jin, C., Hata, T., Pitroda, S., Long, M. D., Hagiwara, M., Li, W., Hu, Q., Liu, S., Yamashita, N., Fushimi, A., Kui, L., Samur, M., Yamamoto, M., Zhang, Y., Zhang, N., Hong, D., Maeda, T., Kosaka, T. および3人, Wong, K. K., Oya, M. & Kufe, D., 2020 12 1, : : Nature communications. 11, 1, 1095.

    研究成果: Comment/debate

    公開