フィンガープリント 臨床薬剤学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    英史の写真なし笠井
    19922019
    祐介の写真なし谷川原
    19812020

    研究成果

    CYP2D6 genotype-guided tamoxifen dosing in hormone receptor-positive metastatic breast cancer (TARGET-1): A randomized, open-label, Phase II study

    Tamura, K., Imamura, C. K., Takano, T., Saji, S., Yamanaka, T., Yonemori, K., Takahashi, M., Tsurutani, J., Nishimura, R., Sato, K., Kitani, A., Ueno, N. T., Mushiroda, T., Kubo, M., Fujiwara, Y. & Tanigawara, Y., 2020 2 20, : : Journal of Clinical Oncology. 38, 6, p. 558-566 9 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    Evaluation of gefitinib systemic exposure in EGFR-mutated non-small cell lung cancer patients with gefitinib-induced severe hepatotoxicity

    Kawamura, T., Imamura, C., Kenmotsu, H., Taira, T., Omori, S., Nakashima, K., Wakuda, K., Ono, A., Naito, T., Murakami, H., Mushiroda, T., Takahashi, T. & Tanigawara, Y., 2020 3 1, : : Cancer Chemotherapy and Pharmacology. 85, 3, p. 605-614 10 p.

    研究成果: Article

  • 公開