坂口光洋記念講座(発生・分化生物学)

フィンガープリント 坂口光洋記念講座(発生・分化生物学)が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    Identification and local manipulation of bone marrow vasculature during intravital imaging

    Morikawa, T., Tamaki, S., Fujita, S., Suematsu, M. & Takubo, K., 2020 12 1, : : Scientific reports. 10, 1, 6422.

    研究成果: Article

    公開
  • ATP turnover and glucose dependency in hematopoietic stem/progenitor cells are increased by proliferation and differentiation

    Watanuki, S., Kobayashi, H., Sorimachi, Y., Yamamoto, M., Okamoto, S. & Takubo, K., 2019 6 18, : : Biochemical and Biophysical Research Communications. 514, 1, p. 287-294 8 p.

    研究成果: Article

  • Environmental Optimization Enables Maintenance of Quiescent Hematopoietic Stem Cells Ex Vivo

    Kobayashi, H., Morikawa, T., Okinaga, A., Hamano, F., Hashidate-Yoshida, T., Watanuki, S., Hishikawa, D., Shindou, H., Arai, F., Kabe, Y., Suematsu, M., Shimizu, T. & Takubo, K., 2019 7 2, : : Cell Reports. 28, 1, p. 145-158.e9

    研究成果: Article

    公開
  • 8 引用 (Scopus)