フィンガープリント 言語文化研究所が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    研究成果

    Qualities and translations

    Tancredi, C. & Sharvit, Y., 2020 6 1, : : Linguistics and Philosophy. 43, 3, p. 303-343 41 p.

    研究成果: Article

  • Accounting for the stochastic nature of sound symbolism using Maximum Entropy model

    Kawahara, S., Katsuda, H. & Kumagai, G., 2019 1 1, : : Open Linguistics. 5, 1, p. 109-120 12 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Effects of Surprisal and Entropy on Vowel Duration in Japanese

    Shaw, J. A. & Kawahara, S., 2019 3 1, : : Language and Speech. 62, 1, p. 80-114 35 p.

    研究成果: Article

  • 7 引用 (Scopus)