フィンガープリント 体育研究所が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    徳文の写真なし福士
    20122016
    綾子の写真なし東原
    20102020
    崇孝の写真なし稲見
    20102020

    研究成果

    • 44 Article
    • 2 Conference contribution
    • 2 Conference article

    Changes in urinary titin N-terminal fragment concentration after concentric and eccentric exercise

    Yamaguchi, S., Suzuki, K., Inami, T., Kanda, K., Hanye, Z. & Okada, J., 2020 3, : : Journal of Sports Science and Medicine. 19, 1, p. 121-129 9 p.

    研究成果: Article

  • Changes in muscle hardness after a full marathon appear different even intramuscularly

    Inami, T., Nakagawa, K., Fukano, M., Yonezu, T., Higashihara, A., Iizuka, S., Narita, T. & Murayama, M., 2019 6 1, : : The Journal of sports medicine and physical fitness. 59, 6, p. 1094-1095 2 p.

    研究成果: Article