腫瘍センター(低侵襲療法研究開発部門)

フィンガープリント 腫瘍センター(低侵襲療法研究開発部門)が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

  • Endoscopic hand-suturing is feasible, safe, and may reduce bleeding risk after gastric endoscopic submucosal dissection: a multicenter pilot study (with video)

    Goto, O., Oyama, T., Ono, H., Takahashi, A., Fujishiro, M., Saito, Y., Abe, S., Kaise, M., Iwakiri, K. & Yahagi, N., 2020 5, : : Gastrointestinal Endoscopy. 91, 5, p. 1195-1202 8 p.

    研究成果: Article

  • Endoscopic suturing promotes healing of mucosal defects after gastric endoscopic submucosal dissection: endoscopic and histologic analyses in in vivo porcine models (with video)

    Akimoto, T., Goto, O., Sasaki, M., Mizutani, M., Tsutsumi, K., Kiguchi, Y., Nakayama, A., Kato, M., Fujimoto, A., Ochiai, Y., Maehata, T., Kaise, M., Iwakiri, K. & Yahagi, N., 2020 5, : : Gastrointestinal Endoscopy. 91, 5, p. 1172-1182 11 p.

    研究成果: Article