共同利用研究室(遺伝子医学研究室)

フィンガープリント 共同利用研究室(遺伝子医学研究室)が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    HER2 heterogeneity is associated with poor survival in HER2-positive breast cancer

    Hosonaga, M., Arima, Y., Sampetrean, O., Komura, D., Koya, I., Sasaki, T., Sato, E., Okano, H., Kudoh, J., Ishikawa, S., Saya, H. & Ishikawa, T., 2018 8, : : International journal of molecular sciences. 19, 8, 2158.

    研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)

    Intragenic copy number variation within human epiplakin 1 (EPPK1) generates variation of molecular size of epiplakin

    Ishikawa, K., Furuhashi, M., Sasaki, T., Kudoh, J., Tsuchisaka, A., Hashimoto, T., Sasaki, T., Yoshioka, H., Eshima, N., Matsuda-Hirose, H., Sakai, T., Hatano, Y. & Fujiwara, S., 2018 8, : : Journal of Dermatological Science. 91, 2, p. 228-231 4 p.

    研究成果: Letter

  • 14 引用 (Scopus)