• 34 引用
  • 3 h指数
20092020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Adam Komisarofが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Constructing who can be Japanese: A study of social markers of acceptance in Japan

Komisarof, A., Leong, C. H. & Teng, E., 2020 6 1, : : Asian Journal of Social Psychology. 23, 2, p. 238-250 13 p.

研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    What does it take to become “one of us?” Redefining ethnic-civic citizenship using markers of everyday nationhood

    Leong, C. H., Komisarof, A., Dandy, J., Jasinskaja-Lahti, I., Safdar, S., Hanke, K. & Teng, E., 2020 9, : : International Journal of Intercultural Relations. 78, p. 10-19 10 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    Acculturation in East and Southeast Asia

    Komisarof, A. & Leong, C. H., 2016 1 1, The Cambridge Handbook of Acculturation Psychology, Second Edition. Cambridge University Press, p. 248-271 24 p.

    研究成果: Chapter

  • 2 引用 (Scopus)
  • 3 引用 (Scopus)