• 503 引用
  • 12 h指数
1989 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Akihisa Tamuraが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 503 引用
  • 12 h指数
  • 44 Article
  • 5 Conference contribution
  • 2 Conference article
  • 1 Editorial

Directed discrete midpoint convexity

Tamura, A. & Tsurumi, K., 2020 1 1, (Accepted/In press) : : Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics.

研究成果: Article

公開
  • Integrality of subgradients and biconjugates of integrally convex functions

    Murota, K. & Tamura, A., 2019 1 1, (Accepted/In press) : : Optimization Letters.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)
  • 8 引用 (Scopus)

    Efficient allocation mechanism with endowments and distributional constraints

    Suzuki, T., Tamura, A. & Yokoo, M., 2018 1 1, 17th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, AAMAS 2018. International Foundation for Autonomous Agents and Multiagent Systems (IFAAMAS), 巻 1. p. 50-67 18 p.

    研究成果: Conference contribution

  • Scaling, proximity, and optimization of integrally convex functions

    Moriguchi, S., Murota, K., Tamura, A. & Tardella, F., 2018 1 24, (Accepted/In press) : : Mathematical Programming. p. 1-36 36 p.

    研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)