• 588 引用
  • 13 h指数
20002020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hayato Takahashiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 11 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1 引用 (Scopus)

    Eosinophilic pustular folliculitis with palmoplantar lesions and nail deformity

    Umegaki-Arao, N., Tanemoto, S., Tanese, K., Kubo, A., Takahashi, H., Kurihara, Y., Yanagisawa, E., Kameyama, K., Amagai, M. & Saito, M., 2020 10 1, : : Journal of Dermatology. 47, 10, p. e357-e359

    研究成果: Letter

    Successful treatment with secukinumab of three psoriatic patients undergoing dialysis

    Mukai, M., Kurihara, Y., Ito, Y., Shintani, Y., Takahashi, H., Kubo, A., Amagai, M. & Umegaki-Arao, N., 2020 1 1, : : Journal of Dermatology. 47, 1, p. e26-e28

    研究成果: Letter

    1 引用 (Scopus)

    Targeting inducible costimulator expressed on CXCR5+PD-1+ TH cells suppresses the progression of pemphigus vulgaris

    Kim, A. R., Han, D., Choi, J. Y., Seok, J., Kim, S. E., Seo, S. H., Takahashi, H., Amagai, M., Park, S. H., Kim, S. C., Shin, E. C. & Kim, J. H., 2020, (Accepted/In press) : : Journal of Allergy and Clinical Immunology.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Autoimmunity and immunological tolerance in autoimmune bullous diseases

    Takahashi, H., Iriki, H., Mukai, M., Kamata, A., Nomura, H., Yamagami, J. & Amagai, M., 2019 2 8, : : International immunology. 31, 7, p. 431-437 7 p.

    研究成果: Review article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)