• 4315 引用
  • 37 h指数
1987 …2020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hideko Kanazawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Thermoresponsive anionic copolymer brush-grafted surfaces for cell separation

Nagase, K., Uchikawa, N., Hirotani, T., Akimoto, A. M. & Kanazawa, H., 2020 1 1, : : Colloids and Surfaces B: Biointerfaces. 185, 110565.

研究成果: Article

  • Adsorption-Desorption Control of Fibronectin in Real Time at the Liquid/Polymer Interface on a Quartz Crystal Microbalance by Thermoresponsivity

    Li, J., Kaku, T., Tokura, Y., Matsukawa, K., Homma, K., Nishimoto, T., Hiruta, Y., Akimoto, A. M., Nagase, K., Kanazawa, H. & Shiratori, S., 2019 4 8, : : Biomacromolecules. 20, 4, p. 1748-1755 8 p.

    研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)

    CD44-targeting nanocarriers for cancer treatment

    Yamanouchi, T. & Kanazawa, H., 2019 1 1, : : Drug Delivery System. 34, 1, p. 38-45 8 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Crosslinked Poly(N-Isopropylacrylamide)-Based Microfibers as Cell Manipulation Materials with Prompt Cell Detachment

    Konishi, T., Mizutani Akimoto, A., Nishimoto, T., Tokura, Y., Tenjimbayashi, M., Homma, K., Matsukawa, K., Kaku, T., Hiruta, Y., Nagase, K., Kanazawa, H. & Shiratori, S., 2019 12 1, : : Macromolecular Rapid Communications. 40, 23, 1900464.

    研究成果: Article