• 4402 引用
  • 37 h指数
1987 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hideko Kanazawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

公開
  • 公開
  • Thermoresponsive anionic copolymer brush-grafted surfaces for cell separation

    Nagase, K., Uchikawa, N., Hirotani, T., Akimoto, A. M. & Kanazawa, H., 2020 1 1, : : Colloids and Surfaces B: Biointerfaces. 185, 110565.

    研究成果: Article

  • Adsorption-Desorption Control of Fibronectin in Real Time at the Liquid/Polymer Interface on a Quartz Crystal Microbalance by Thermoresponsivity

    Li, J., Kaku, T., Tokura, Y., Matsukawa, K., Homma, K., Nishimoto, T., Hiruta, Y., Akimoto, A. M., Nagase, K., Kanazawa, H. & Shiratori, S., 2019 4 8, : : Biomacromolecules. 20, 4, p. 1748-1755 8 p.

    研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)

    CD44-targeting nanocarriers for cancer treatment

    Yamanouchi, T. & Kanazawa, H., 2019 1 1, : : Drug Delivery System. 34, 1, p. 38-45 8 p.

    研究成果: Article

    公開