• 2697 引用
  • 20 h指数
19982019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hidetoshi Hasuwaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 2697 引用
  • 20 h指数
  • 36 Article
  • 2 Chapter
  • 2 Comment/debate
  • 1 Short survey

GPAT2 is required for piRNA biogenesis, transposon silencing, and maintenance of spermatogonia in mice

Shiromoto, Y., Kuramochi-Miyagawa, S., Nagamori, I., Chuma, S., Arakawa, T., Nishimura, T., Hasuwa, H., Tachibana, T., Ikawa, M. & Nakano, T., 2019 7 1, : : Biology of reproduction. 101, 1, p. 248-256 9 p.

研究成果: Article

公開
  • Constitutive overexpression of periostin delays wound healing in mouse skin

    Nunomura, S., Nanri, Y., Ogawa, M., Arima, K., Mitamura, Y., Yoshihara, T., Hasuwa, H., Conway, S. J. & Izuhara, K., 2018 1 1, : : Wound Repair and Regeneration. 26, 1, p. 6-15 10 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)
  • 1 引用 (Scopus)

    Female mice lacking Ftx lncRNA exhibit impaired X-chromosome inactivation and a microphthalmia-like phenotype

    Hosoi, Y., Soma, M., Shiura, H., Sado, T., Hasuwa, H., Abe, K., Kohda, T., Ishino, F. & Kobayashi, S., 2018 12 1, : : Nature communications. 9, 1, 3829.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)

    Human PIWI (HIWI) is an azoospermia factor

    Hasuwa, H., Ishino, K. & Siomi, H., 2018 3 1, : : Science China Life Sciences. 61, 3, p. 348-350 3 p.

    研究成果: Article

    4 引用 (Scopus)