• 19494 引用
  • 74 h指数
1982 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hideyuki Sayaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 11 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

2-Nitroimidazoles induce mitochondrial stress and ferroptosis in glioma stem cells residing in a hypoxic niche

Koike, N., Kota, R., Naito, Y., Hayakawa, N., Matsuura, T., Hishiki, T., Onishi, N., Fukada, J., Suematsu, M., Shigematsu, N., Saya, H. & Sampetrean, O., 2020 12 1, : : Communications biology. 3, 1, 450.

研究成果: Article

公開
  • A potent blood–brain barrier-permeable mutant IDH1 inhibitor suppresses the growth of glioblastoma with IDH1 mutation in a patient-derived orthotopic xenograft model

    Machida, Y., Nakagawa, M., Matsunaga, H., Yamaguchi, M., Ogawara, Y., Shima, Y., Yamagata, K., Katsumoto, T., Hattori, A., Itoh, M., Seki, T., Nishiya, Y., Nakamura, K., Suzuki, K., Imaoka, T., Baba, D., Suzuki, M., Sampetrean, O., Saya, H., Ichimura, K. および1人, Kitabayashi, I., 2020 2, : : Molecular cancer therapeutics. 19, 2, p. 375-383 9 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)
    公開
  • Identification of kit-ligand a as the gene responsible for the medaka pigment cell mutant few melanophore

    Otsuki, Y., Okuda, Y., Naruse, K. & Saya, H., 2020 1 1, : : G3: Genes, Genomes, Genetics. 10, 1, p. 311-319 9 p.

    研究成果: Article

    公開