• 1701 引用
  • 23 h指数
1990 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kazuno Negishiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 9 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Age is a determining factor of dry eye-related signs and symptoms

Ayaki, M., Negishi, K., Kawashima, M., Uchino, M., Kaido, M. & Tsubota, K., 2020 1 1, : : Diagnostics. 10, 4, 193.

研究成果: Article

公開
  • 公開
  • Loss of concentration may occur by blink inhibition in DED simulation models

    Mitsukura, Y., Negishi, K., Ayaki, M., Santo, M., Kawashima, M. & Tsubota, K., 2020 5, : : Life. 10, 5, 61.

    研究成果: Article

    公開