• 7506 引用
  • 44 h指数
1985 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kazunobu Toshimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Diastereoselective desymmetric 1,2-cis-glycosylation of meso-diols via chirality transfer from a glycosyl donor

Tanaka, M., Sato, K., Yoshida, R., Nishi, N., Oyamada, R., Inaba, K., Takahashi, D. & Toshima, K., 2020 12 1, : : Nature communications. 11, 1, 2431.

研究成果: Article

公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Photo-induced glycosylation using a diaryldisulfide as an organo-Lewis photoacid catalyst

    Iibuchi, N., Eto, T., Aoyagi, M., Kurinami, R., Sakai, H., Hasobe, T., Takahashi, D. & Toshima, K., 2020 1 1, : : Organic and Biomolecular Chemistry. 18, 5, p. 851-855 5 p.

    研究成果: Article

  • Total Synthesis of Terpioside B

    Inaba, K., Endo, M., Iibuchi, N., Takahashi, D. & Toshima, K., 2020 8 12, : : Chemistry - A European Journal. 26, 45, p. 10222-10225 4 p.

    研究成果: Article

  • 2-Phenylquinoline–Sugar Hybrids as Photoswitchable α-Glucosidase Inhibitors

    Kitamura, T., Okuyama, M., Takahashi, D. & Toshima, K., 2019 5 2, : : Chemistry - An Asian Journal. 14, 9, p. 1409-1412 4 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)
  • 1 引用 (Scopus)