• 157 引用
  • 2 h指数
19942002

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kazuto Atakaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

研究成果

  • 157 引用
  • 2 h指数
  • 3 Article

A genetically targetable fluorescent probe of channel gating with rapid kinetics

Ataka, K. & Pieribone, V. A., 2002, : : Biophysical Journal. 82, 1, p. 509-516 8 p.

研究成果: Article

公開
  • 147 引用 (Scopus)

    Differential cloning using in‐gel competitive reassociation

    Yokota, H., Amano, S., Yamane, T., Ataka, K., Kikuya, E. & Oishi, M., 1995, : : ELECTROPHORESIS. 16, 1, p. 286-290 5 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    A differential cloning procedure of complex genomic DNA fragments

    Yokota, H., Amano, S., Yamane, T., Ataka, K., Kikuya, E. & Oishi, M., 1994 5 15, : : Analytical Biochemistry. 219, 1, p. 131-138 8 p.

    研究成果: Article

  • 9 引用 (Scopus)