• 2322 引用
  • 28 h指数
1992 …2020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kenichi Takaoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 2322 引用
  • 28 h指数
  • 99 Article
  • 3 Chapter
  • 3 Review article
  • 2 引用 (Scopus)

    Stereoselective Synthesis of the Tricyclic Core of (-)-Callophycoic Acid A

    Sakama, A., Kameshima, R., Motohashi, Y., Sumida, W., Unno, Y., Yoshida, K., Ogura, A. & Takao, K. I., 2020 3 6, : : Journal of Organic Chemistry. 85, 5, p. 3245-3264 20 p.

    研究成果: Article

  • Total Synthesis of Natural Products Using Intramolecular Nozaki-Hiyama-Takai-Kishi Reactions

    Takao, K. I., Ogura, A., Yoshida, K. & Simizu, S., 2020 3 17, : : Synlett. 31, 5, p. 421-433 13 p.

    研究成果: Article

  • Identification of topoisomerases as molecular targets of cytosporolide C and its analog

    Otake, K., Yamada, K., Miura, K., Sasazawa, Y., Miyazaki, S., Niwa, Y., Ogura, A., Takao, K. & Simizu, S., 2019 1 1, : : Bioorganic and Medicinal Chemistry.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    Studies toward the synthesis of perforatumone: Synthesis of the 7-OXABICYCLO[4.2.1]NONANE-8,9-DIONE CORE

    Nakajima, T., Takiguchi, K., Yoshida, K., Ogura, A. & Takao, K., 2019 1 1, : : Heterocycles. p. 661-668 8 p.

    研究成果: Article