• 1342 引用
  • 20 h指数
1988 …2019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kenji Miyamotoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1342 引用
  • 20 h指数
  • 67 Article
  • 3 Chapter
  • 2 Review article

Biodegradation of PET: Current Status and Application Aspects

Taniguchi, I., Yoshida, S., Hiraga, K., Miyamoto, K., Kimura, Y. & Oda, K., 2019 1 1, : : ACS Catalysis. p. 4089-4105 17 p.

研究成果: Article

  • 13 引用 (Scopus)

    Chemoenzymatic Cascade Synthesis of Optically Pure Alkanoic Acids by Using Engineered Arylmalonate Decarboxylase Variants

    Enoki, J., Mügge, C., Tischler, D., Miyamoto, K. & Kourist, R., 2019 4 1, : : Chemistry - A European Journal. 25, 19, p. 5071-5076 6 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)
    公開
  • 1 引用 (Scopus)
  • Preparation of optically pure flurbiprofen via an integrated chemo-enzymatic synthesis pathway

    Enoki, J., Linhorst, M., Busch, F., Baraibar, Á. G., Miyamoto, K., Kourist, R. & Mügge, C., 2019 4 1, : : Molecular Catalysis. 467, p. 135-142 8 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)