• 4716 引用
  • 35 h指数
20002020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kenji Tanakaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 3 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Different roles of distinct serotonergic pathways in anxiety-like behavior, antidepressant-like, and anti-impulsive effects

Ohmura, Y., Tsutsui-Kimura, I., Sasamori, H., Nebuka, M., Nishitani, N., Tanaka, K. F., Yamanaka, A. & Yoshioka, M., 2020 5 1, : : Neuropharmacology. 167, 107703.

研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)

    Essential role of microglial transforming growth factor-β1 in antidepressant actions of (R)-ketamine and the novel antidepressant TGF-β1

    Zhang, K., Yang, C., Chang, L., Sakamoto, A., Suzuki, T., Fujita, Y., Qu, Y., Wang, S., Pu, Y., Tan, Y., Wang, X., Ishima, T., Shirayama, Y., Hatano, M., Tanaka, K. F. & Hashimoto, K., 2020 12 1, : : Translational psychiatry. 10, 1, 32.

    研究成果: Article

    公開
  • 3 引用 (Scopus)

    Identification of Lacrimal Gland Postganglionic Innervation and Its Regulation of Tear Secretion

    Jin, K., Imada, T., Hisamura, R., Ito, M., Toriumi, H., Tanaka, K. F., Nakamura, S. & Tsubota, K., 2020 5, : : American Journal of Pathology. 190, 5, p. 1068-1079 12 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)