• 1248 引用
  • 21 h指数
1985 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kuniaki Mukaiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1248 引用
  • 21 h指数
  • 53 Article
  • 2 Review article

Extension of survival in bilaterally adrenalectomized mice by implantation of SF-1/Ad4BP-induced steroidogenic cells

Tanaka, T., Aoyagi, C., Mukai, K., Nishimoto, K., Kodama, S. & Yanase, T., 2020 3 1, : : Endocrinology (United States). 161, 3

研究成果: Article

  • Local biosynthesis of corticosterone in rat skeletal muscle

    Sato, M., Sugiyama, K., Maeda, N., Fujiki, J., Ieko, T., Kawamura, Y., Iwano, H., Mukai, K. & Yokota, H., 2020 7, : : Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology. 201, 105693.

    研究成果: Article

  • Expression of aldosterone synthase CYP11B2 was inversely correlated with longevity

    Hayashi, T., Zhang, Z., Al-Eyd, G., Sasaki, A., Yasuda, M., Oyama, M., Gomez-Sanchez, C. E., Asakura, H., Seki, T., Mukai, K. & Nishimoto, K., 2019 7, : : Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology. 191, 105361.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)
  • 3 引用 (Scopus)

    Hormonal steroidogenesis and its control

    Mukai, K., 2018 1 1, : : Japanese Journal of Clinical Urology. 72, 6, p. 410-415 6 p.

    研究成果: Article