• 657 引用
  • 15 h指数
20002018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kunihiko Tanakaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 657 引用
  • 15 h指数
  • 38 Article
  • 3 Conference contribution
  • 1 Conference article
  • 1 Review article
  • 5 引用 (Scopus)

    A statistical study of giant molecular clouds traced by 13CO, C18O, CS, and CH3OH in the disk of NGC 1068 based on ALMA observations

    Tosaki, T., Kohno, K., Harada, N., Tanaka, K., Egusa, F., Izumi, T., Takano, S., Nakajima, T., Taniguchi, A. & Tamura, Y., 2017, : : Publications of the Astronomical Society of Japan. 69, 2, 18.

    研究成果: Article

  • 17 引用 (Scopus)
  • 8 引用 (Scopus)

    CO-0.30-0.07: A Candidate Site of Collision-induced Massive Star Formation in the Milky Way's Central Molecular Zone

    Tanaka, K., 2016 5 20, Conditions and Impact of Star Formation 2015. EDP Sciences, 巻 75-76. p. 181-184 4 p. (EAS Publications Series; 巻数 75-76).

    研究成果: Conference contribution

  • 1 引用 (Scopus)