• 2192 引用
  • 26 h指数
19952020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Makoto Naganumaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 14 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

5-Aminosalicylic acid intolerance is associated with a risk of adverse clinical outcomes and dysbiosis in patients with ulcerative colitis

Mizuno, S., Ono, K., Mikami, Y., Naganuma, M., Fukuda, T., Minami, K., Masaoka, T., Terada, S., Yoshida, T., Saigusa, K., Hirahara, N., Miyata, H., Suda, W., Hattori, M. & Kanai, T., 2020 1 1, : : Intestinal Research. 18, 1, p. 69-78 10 p.

研究成果: Article

公開
  • Clinical and Endoscopic Characteristics of Pyogenic Granuloma in the Small Intestine: A Case Series with Literature Review

    Hayashi, Y., Hosoe, N., Takabayashi, K., Kamiya, K. J. L., Mutaguchi, M., Miyanaga, R., Hirata, K., Fukuhara, S., Mikami, Y., Sujino, T., Masugi, Y., Naganuma, M., Ogata, H. & Kanai, T., 2020 2 15, : : Internal medicine (Tokyo, Japan). 59, 4, p. 501-505 5 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Predictive factors for achievement of mucosal healing by budesonide 2-mg foam in ulcerative colitis: A pooled analysis of data from two clinical trials

    Hibi, T., Naganuma, M., Oda, E., Yamada, Y., Chujoh, Y., Yoshihara, R. & Watanabe, M., 2020 1 1, : : Intestinal Research. 18, 1, p. 56-68 13 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)