• 4 引用
  • 1 h指数
1990 …2019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Mamiko Yamadaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 4 引用
  • 1 h指数
  • 4 Article
  • 2 Letter
  • 1 Review article

IFT172 as the 19th gene causative of oral-facial-digital syndrome

Yamada, M., Uehara, T., Suzuki, H., Takenouchi, T., Fukushima, H., Morisada, N., Tominaga, K., Onoda, M. & Kosaki, K., 2019 1 1, (Accepted/In press) : : American Journal of Medical Genetics, Part A.

研究成果: Letter

SATB2-associated syndrome in patients from Japan: Linguistic profiles

Yamada, M., Uehara, T., Suzuki, H., Takenouchi, T., Yoshihashi, H., Suzumura, H., Mizuno, S. & Kosaki, K., 2019 1 1, : : American Journal of Medical Genetics, Part A.

研究成果: Review article

公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Histological changes in autoimmune hepatitis with graves’ disease: A child case report

    Yamada, M., Shibata, H., Masugi, Y., Ishi, T., Kameyama, K., Ebinuma, H. & Hasegawa, T., 2017, : : Internal Medicine. 56, 16, p. 2139-2143 5 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)