• 742 引用
  • 12 h指数
20002020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masaki Omiyaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

A phase-field ductile fracture model with a variable regularization length parameter

Han, J., Nishi, S., Takada, K., Muramatsu, M., Omiya, M., Ogawa, K., Oide, K., Kobayashi, T., Murata, M., Moriguchi, S. & Terada, K., 2020 1 1, : : Transactions of the Japan Society for Computational Engineering and Science. 2020, p. 1-15 15 p., 20200005.

研究成果: Article

  • Investigation on simplified equation for estimating J-integral of adhesive joint and its application to galvannealed steel plate+1

    Ogawa, K., Maeda, R., Kobayashi, T., Yokoi, E., Furusawa, T., Takada, K. & Omiya, M., 2019 1 1, : : Materials Transactions. 60, 9, p. 1928-1935 8 p.

    研究成果: Article

  • Modelling of intracranial behaviour on occiput impact in judo

    Suzuki, R., Omiya, M., Hoshino, H., Kamitani, T. & Miyazaki, Y., 2019 1 1, : : Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)
  • 1 引用 (Scopus)