• 1980 引用
  • 28 h指数
20002020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Megumi Tagoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1980 引用
  • 28 h指数
  • 84 Article
  • 2 Review article

Kampo medicines, Rokumigan, Hachimijiogan, and Goshajinkigan, significantly inhibit glucagon-induced CREB activation

Funakoshi-Tago, M., Yu, S., Kushida, A., Takeuchi, K. & Tamura, H., 2020 3, : : Heliyon. 6, 3, e03598.

研究成果: Article

公開
  • Oral intake of α-glucosyl-hesperidin ameliorates selenite-induced cataract formation

    Nakazawa, Y., Aoki, M., Ishiwa, S., Morishita, N., Endo, S., Nagai, N., Yamamoto, N., Funakoshi-Tago, M. & Tamura, H., 2020 1 1, : : Molecular Medicine Reports. 21, 3, p. 1258-1266 9 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Pyrocatechol, a component of coffee, suppresses LPS-induced inflammatory responses by inhibiting NF-κB and activating Nrf2

    Funakoshi-Tago, M., Nonaka, Y., Tago, K., Takeda, M., Ishihara, Y., Sakai, A., Matsutaka, M., Kobata, K. & Tamura, H., 2020 12 1, : : Scientific reports. 10, 1, 2584.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)
  • 2 引用 (Scopus)
    公開
  • 1 引用 (Scopus)