• 2233 引用
  • 25 h指数
19952020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Michita Imaiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Adaptive enhancement of swipe manipulations on touch screens with content-awareness

Fukuchi, Y., Takimoto, Y. & Imai, M., 2020 1 1, ICAART 2020 - Proceedings of the 12th International Conference on Agents and Artificial Intelligence. Rocha, A., Steels, L. & van den Herik, J. (版). SciTePress, p. 429-436 8 p. (ICAART 2020 - Proceedings of the 12th International Conference on Agents and Artificial Intelligence; 巻数 2).

研究成果: Conference contribution

  • 公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Emergence of agent gaze behavior using interactive kinetics-based gaze direction model

    Satogata, R., Kimoto, M., Yoshioka, S., Osawa, M., Shinozawa, K. & Imai, M., 2020 3 23, HRI 2020 - Companion of the 2020 ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction. IEEE Computer Society, p. 433-435 3 p. (ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction).

    研究成果: Conference contribution

    公開
  • 公開
  • Reactive Chameleon: A Method to Mimic Conversation Partner’s Body Sway for a Robot

    Hasumoto, R., Nakadai, K. & Imai, M., 2020 1 1, : : International Journal of Social Robotics. 12, 1, p. 239-258 20 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)