• 2889 引用
  • 30 h指数
1986 …2016

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Michito Hirakataが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 9 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 4 引用 (Scopus)
  • 5 引用 (Scopus)

    The multicenter study of a new assay for simultaneous detection of multiple anti-aminoacyl-tRNA synthetases in myositis and interstitial pneumonia

    Nakashima, R., Imura, Y., Hosono, Y., Seto, M., Murakami, A., Watanabe, K., Handa, T., Mishima, M., Hirakata, M., Takeuchi, T., Fujio, K., Yamamoto, K., Kohsaka, H., Takasaki, Y., Enomoto, N., Suda, T., Chida, K., Hisata, S., Nukiwa, T. & Mimori, T., 2014 1 14, : : PloS one. 9, 1, e85062.

    研究成果: Article

  • 66 引用 (Scopus)

    An association analysis of HLA-DRB1 with systemic lupus erythematosus and rheumatoid arthritis in a Japanese population: Effects of *09:01 allele on disease phenotypes

    Shimane, K., Kochi, Y., Suzuki, A., Okada, Y., Ishii, T., Horita, T., Saito, K., Okamoto, A., Nishimoto, N., Myouzen, K., Kubo, M., Hirakata, M., Sumida, T., Takasaki, Y., Yamada, R., Nakamura, Y., Kamatani, N. & Yamamoto, K., 2013 7 1, : : Rheumatology (United Kingdom). 52, 7, p. 1172-1182 11 p.

    研究成果: Article

  • 35 引用 (Scopus)