• 116 引用
  • 5 h指数
20122018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Mie Kobayashiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 116 引用
  • 5 h指数
  • 8 Article

HIV LTR-driven antisense RNA by itself has regulatory function and may curtail virus reactivation from latency

Kobayashi-Ishihara, M., Terahara, K., Martinez, J. P., Yamagishi, M., Iwabuchi, R., Brander, C., Ato, M., Watanabe, T., Meyerhans, A. & Tsunetsugu-Yokota, Y., 2018 5 25, : : Frontiers in Microbiology. 9, MAY, 1066.

研究成果: Article

公開
  • 2 引用 (Scopus)
    公開
  • 5 引用 (Scopus)

    Homeostatically maintained resting naive CD4+ T cells resist latent HIV reactivation

    Tsunetsugu-Yokota, Y., Kobayahi-Ishihara, M., Wada, Y., Terahara, K., Takeyama, H., Kawana-Tachikawa, A., Tokunaga, K., Yamagishi, M., Martinez, J. P. & Meyerhans, A., 2016, : : Frontiers in Microbiology. 7, DEC, 1944.

    研究成果: Article

    公開
  • 10 引用 (Scopus)

    Epigenetic Heterogeneity in HIV-1 Latency Establishment

    Matsuda, Y., Kobayashi-Ishihara, M., Fujikawa, D., Ishida, T., Watanabe, T. & Yamagishi, M., 2015 1 9, : : Scientific reports. 5, 7701.

    研究成果: Article

    公開
  • 35 引用 (Scopus)

    Humanized mice dually challenged with R5 and X4 HIV-1 show preferential R5 viremia and restricted X4 infection of CCR5+CD4+ T cells

    Terahara, K., Ishige, M., Ikeno, S., Okada, S., Kobayashi-Ishihara, M., Ato, M. & Tsunetsugu-Yokota, Y., 2015 5 1, : : Microbes and Infection. 17, 5, p. 378-386 9 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)