• 7330 引用
  • 42 h指数
1991 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Mototsugu Oyaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 30 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

公開
  • Author Correction: MUC1-C regulates lineage plasticity driving progression to neuroendocrine prostate cancer (Nature Communications, (2020), 11, 1, (338), 10.1038/s41467-019-14219-6)

    Yasumizu, Y., Rajabi, H., Jin, C., Hata, T., Pitroda, S., Long, M. D., Hagiwara, M., Li, W., Hu, Q., Liu, S., Yamashita, N., Fushimi, A., Kui, L., Samur, M., Yamamoto, M., Zhang, Y., Zhang, N., Hong, D., Maeda, T., Kosaka, T. および3人, Wong, K. K., Oya, M. & Kufe, D., 2020 12 1, : : Nature communications. 11, 1, 1095.

    研究成果: Comment/debate

    公開
  • Avelumab plus axitinib vs sunitinib for advanced renal cell carcinoma: Japanese subgroup analysis from JAVELIN Renal 101

    Uemura, M., Tomita, Y., Miyake, H., Hatakeyama, S., Kanayama, H. O., Numakura, K., Takagi, T., Kato, T., Eto, M., Obara, W., Uemura, H., Choueiri, T. K., Motzer, R. J., Fujii, Y., Kamei, Y., Umeyama, Y., di Pietro, A. & Oya, M., 2020 3 1, : : Cancer science. 111, 3, p. 907-923 17 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)