• 20 引用
  • 2 h指数
20152020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Naho Iharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 13 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 20 引用
  • 2 h指数
  • 7 Article
  • 1 Letter

Altered functional connectivity associated with time discounting in chronic pain

Wakaizumi, K., Jabakhanji, R., Ihara, N., Kosugi, S., Terasawa, Y., Morisaki, H., Ogaki, M. & Baliki, M. N., 2019 12 1, : : Scientific reports. 9, 1, 8154.

研究成果: Article

公開
  • 2 引用 (Scopus)