• 6066 引用
  • 43 h指数
1993 …2020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Naohisa Yahagiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 13 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Feasibility of endoscopic submucosal dissection for colorectal neoplasia at anastomotic sites: a retrospective study

Maehata, T., Kato, M., Ochiai, Y., Mizutani, M., Tsutsumi, K., Kiguchi, Y., Akimoto, T., Sasaki, M., Takatori, Y., Nakayama, A., Takabayashi, K., Fujimoto, A., Goto, O. & Yahagi, N., 2020 1 1, (Accepted/In press) : : Surgical Endoscopy.

研究成果: Article

  • Predictors of invasive cancer of large laterally spreading colorectal tumors: A multicenter study in Japan

    the Colorectal Endoscopic Resection Standardization Implementation Working Group of the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum, 2020 2 1, : : JGH Open. 4, 1, p. 83-89 7 p.

    研究成果: Article

    公開