• 2207 引用
  • 27 h指数
1985 …2018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Naoki Yoshiokaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 2207 引用
  • 27 h指数
  • 111 Article
  • 4 Conference article
  • 1 Chapter
  • 1 Editorial
  • 4 引用 (Scopus)

    Computational study of imidazolylporphyrin derivatives as a radiopharmaceutical ligand for melanoma

    Kurniawan, F., Kartasasmita, R. E., Yoshioka, N., Mutalib, A. & Tjahjono, D. H., 2018, : : Current Computer-Aided Drug Design. 14, 3, p. 191-199 9 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    In silico study, synthesis, and cytotoxic activities of porphyrin derivatives

    Kurniawan, F., Miura, Y., Kartasasmita, R. E., Mutalib, A., Yoshioka, N. & Tjahjono, D. H., 2018 3, : : Pharmaceuticals. 11, 1, 8.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)
  • 3 引用 (Scopus)
  • 5 引用 (Scopus)