• 21 引用
  • 2 h指数
19962011

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Rika Nakajimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

研究成果

  • 21 引用
  • 2 h指数
  • 7 Article
  • 2 引用 (Scopus)

    Synthesis of methyl 1-O-(4-hydroxymethamphetaminyl)-α-D- glucopyranouronate

    Nakajima, R., Ono, M., Aiso, S. & Akita, H., 2005 6 1, : : Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 53, 6, p. 684-687 4 p.

    研究成果: Article

  • 13 引用 (Scopus)

    Detection of stimulants from charred bodies killed by a traffic accident: Distribution in the bodies

    Nakajima, R., Shinozuka, T., Takei, S., Ohue, O., Baba, M., Ro, A., Yanagida, J. & Murai, T., 2002 1 1, : : Japanese Journal of Forensic Toxicology. 20, 1, p. 49-55 7 p.

    研究成果: Article

  • Analysis of analgesic and antipyretic drugs by LC/MS

    Shinozuka, T., Nakajima, R., Ohue, O., Takei, S., Murai, T. & Terada, M., 2001 12 1, : : Japanese Journal of Forensic Toxicology. 19, 2, p. 172-173 2 p.

    研究成果: Article