• 0 引用
  • 0 h指数
20182018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Ryuichi Hottaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

研究成果

Spacing in three manuscript texts of Sawles Warde: Its synchronic, historical and theoretical implications

Hotta, R., 2018 5 31, Linguistic Variation in the Ancrene Wisse, Katherine Group and Wooing Group: Essays Celebrating the Completion of the Parallel Text Edition. Peter Lang AG, p. 57-77 21 p.

研究成果: Chapter