• 1432 引用
  • 23 h指数
1981 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Seiji Kosemuraが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1432 引用
  • 23 h指数
  • 77 Article

Oryzadiamines A and B, alkaloids from Oryza sativa with yellow grain

Nakano, H., Ono, H., Kaji, R., Sakai, M., Doi, S. & Kosemura, S., 2020 2 20, : : Tetrahedron Letters. 61, 8, 151519.

研究成果: Article

公開
  • 8-o-acetyl-7-o-methylgossypetin from Atraphaxis laetevirens

    Nakano, H., Kosemura, S., Mamonov, L. K. & Cantrell, C. L., 2016, : : Chemistry of Natural Compounds. 52, 1, p. 127-129 3 p.

    研究成果: Article

    2 引用 (Scopus)

    Oryzamutaic acids B-G, new alkaloids from an Oryza sativa mutant with yellow endosperm

    Nakano, H., Kosemura, S., Yoshida, M., Suzuki, T., Iwaura, R., Kaji, R., Sakai, M. & Hirose, K., 2010 1 6, : : Tetrahedron Letters. 51, 1, p. 49-53 5 p.

    研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)

    Oryzamutaic acids H-J, new alkaloids from an Oryza sativa mutant with yellow endosperm

    Nakano, H., Kosemura, S., Yoshida, M., Iwaura, R., Suzuki, T., Kaji, R. & Sakai, M., 2010, : : Tetrahedron Letters. 51, 38, p. 4953-4956 4 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    Oryzamutaic acid A, a novel yellow pigment from an Oryza sativa mutant with yellow endosperm

    Nakano, H., Kosemura, S., Suzuki, T., Hirose, K., Kaji, R. & Sakai, M., 2009 4 29, : : Tetrahedron Letters. 50, 17, p. 2003-2005 3 p.

    研究成果: Article

  • 8 引用 (Scopus)