• 980 引用
  • 14 h指数
20042020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Shigeki Otaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 14 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 980 引用
  • 14 h指数
  • 25 Article
  • 2 Chapter
  • 2 Review article
  • 1 Editorial

Immune-resistant mechanisms in cancer immunotherapy

Kawakami, Y., Ohta, S., Sayem, M. A., Tsukamoto, N. & Yaguchi, T., 2020 5 1, : : International Journal of Clinical Oncology. 25, 5, p. 810-817 8 p.

研究成果: Review article

  • 1 引用 (Scopus)

    Identification of KLRC2 as a candidate marker for brain tumor-initiating cells

    Ishihara, E., Takahashi, S., Fukaya, R., Ohta, S., Yoshida, K. & Toda, M., 2019 11 2, : : Neurological Research. 41, 11, p. 1043-1049 7 p.

    研究成果: Article

  • Transcription factor homeobox D9 is involved in the malignant phenotype of cervical cancer through direct binding to the human papillomavirus oncogene promoter

    Hirao, N., Iwata, T., Tanaka, K., Nishio, H., Nakamura, M., Morisada, T., Morii, K., Maruyama, N., Katoh, Y., Yaguchi, T., Ohta, S., Kukimoto, I., Aoki, D. & Kawakami, Y., 2019 11, : : Gynecologic Oncology. 155, 2, p. 340-348 9 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)
  • 16 引用 (Scopus)

    Functional analysis of KIF20A, a potential immunotherapeutic target for glioma

    Saito, K., Ota, S., Kawakami, Y., Yoshida, K. & Toda, M., 2017 1 9, (Accepted/In press) : : Journal of Neuro-Oncology. p. 1-12 12 p.

    研究成果: Article

  • 13 引用 (Scopus)