• 34 引用
  • 3 h指数
20022019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Shinya Masudaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 34 引用
  • 3 h指数
  • 8 Article
  • 1 Comment/debate

調査回答の質の向上のための方法の比較

Masuda, S., Sakagami, T. & Morii, M., 2019 1 1, : : Shinrigaku Kenkyu. 90, 12, p. 463-472 10 p.

研究成果: Article

公開
  • 公開
  • How does response bias emerge in lengthy sequential preference judgments?

    Morii, M., Sakagami, T., Masuda, S., Okubo, S. & Tamari, Y., 2017 7 1, : : Behaviormetrika. 44, 2, p. 575-591 17 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)

    Respondents with low motivation tend to choose middle category: survey questions on happiness in Japan

    Masuda, S., Sakagami, T., Kawabata, H., Kijima, N. & Hoshino, T., 2017 7 1, : : Behaviormetrika. 44, 2, p. 593-605 13 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)

    Relationships between ignoring instructions and response bias when completing questionnaires

    Masuda, S., Sakagami, T., Kitaoka, K. & Sasaki, M., 2016 1 1, : : Shinrigaku Kenkyu. 87, 4, p. 354-363 10 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)