• 149 引用
  • 8 h指数
20052020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Shinya Moritaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 10 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 149 引用
  • 8 h指数
  • 31 Article
  • 4 Review article
  • 2 Conference contribution
  • 2 Comment/debate

Appropriate timing for a biochemical evaluation after adrenalectomy for unilateral aldosterone-producing adenoma

Takamatsu, K., Takeda, T., Hattori, S., Tanaka, N., Morita, S., Matsumoto, K., Kosaka, T., Mizuno, R., Shinojima, T., Kikuchi, E., Asanuma, H., Kurihara, I., Itoh, H. & Oya, M., 2020 1 1, (Accepted/In press) : : Clinical Endocrinology. 92, 6, p. 503-508 6 p.

研究成果: Article