• 1614 引用
  • 20 h指数
19992020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Sho Kanzakiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 6 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Clinical practice guidelines for diagnosis and treatment of chronic tinnitus in Japan

Ogawa, K., Sato, H., Takahashi, M., Wada, T., Naito, Y., Kawase, T., Murakami, S., Hara, A. & Kanzaki, S., 2020 2, : : Auris Nasus Larynx. 47, 1, p. 1-6 6 p.

研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    Ethyl loflazepate as adjunctive therapy to tinnitus retraining therapy - A report of 30 cases

    Inagaki, Y., Ebisuno, C., Oishi, N., Kanzaki, S., Ogawa, K., Wakabayashi, S. & Shinden, S., 2020 1 1, : : Practica Oto-Rhino-Laryngologica. 113, 4, p. 217-222 6 p.

    研究成果: Article

  • Multiple sensory hypersensitivity - "Sensory Modulation Disorder" and the Important Points that Otolaryngologists should know

    Kanzaki, S., Kumazaki, H., Kataoka, C., Tazoe, M., Suzuki, N., Matsuzaki, S., Kasuya, K., Fujioka, M., Oishi, N. & Ogawa, K., 2020 1 1, : : Journal of Otolaryngology of Japan. 123, 3, p. 136-142 7 p.

    研究成果: Article

    公開