• 1409 引用
  • 18 h指数
19992019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takeshi Kandaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 10 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1409 引用
  • 18 h指数
  • 44 Article
  • 6 Review article
  • 1 Editorial
  • 1 Short survey

Decreased KAT5 Expression Impairs DNA Repair and Induces Altered DNA Methylation in Kidney Podocytes

Hishikawa, A., Hayashi, K., Abe, T., Kaneko, M., Yokoi, H., Azegami, T., Nakamura, M., Yoshimoto, N., Kanda, T., Sakamaki, Y. & Itoh, H., 2019 1 29, : : Cell Reports. 26, 5, p. 1318-1332.e4

研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    Features of and preventive measures against hypertension in the young

    Kawabe, H., Azegami, T., Takeda, A., Kanda, T., Saito, I., Saruta, T. & Hirose, H., 2019 1 1, : : Hypertension Research.

    研究成果: Review article

    公開
  • 5 引用 (Scopus)
  • 2 引用 (Scopus)

    Role of Nampt-Sirt6 Axis in Renal Proximal Tubules in Extracellular Matrix Deposition in Diabetic Nephropathy

    Muraoka, H., Hasegawa, K., Sakamaki, Y., Minakuchi, H., Kawaguchi, T., Yasuda, I., Kanda, T., Tokuyama, H., Wakino, S. & Itoh, H., 2019 4 2, : : Cell Reports. 27, 1, p. 199-212.e5

    研究成果: Article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)

    β-hydroxybutyrate attenuates renal ischemia-reperfusion injury through its anti-pyroptotic effects

    Tajima, T., Yoshifuji, A., Matsui, A., Itoh, T., Uchiyama, K., Kanda, T., Tokuyama, H., Wakino, S. & Itoh, H., 2019 1 1, : : Kidney International.

    研究成果: Article

    公開
  • 7 引用 (Scopus)