• 2358 引用
  • 23 h指数
1989 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Taneaki Nakagawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 5 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

A case of spindle cell/pleomorphic lipoma on inferior border of the mandible

Munakata, K., Asoda, S., Usuda, S., Miyashita, H., Soma, T., Hasegawa, T., Ogawa, C., Ohyama, S., Yamauchi, T., Kawaida, M., Kameyama, K., Nakagawa, T. & Kawana, H., 2020 1, : : Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 32, 1, p. 49-52 4 p.

研究成果: Article

  • Clear cell carcinoma in the retromolar area: A case report

    Yasui, Y., Asoda, S., Soma, T., Miyashita, H., Hasegawa, T., Ouchi, T., Karube, T., Yasui, T., Onizawa, K., Nakagawa, T. & Kawana, H., 2020, (Accepted/In press) : : Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology.

    研究成果: Article

  • Macrophages fine-tune pupil shape during development

    Takahashi, M., Misaki, M., Shibata, S., Iga, T., Shindo, T., Tai-Nagara, I., Hirata, A., Ogawa, M., Miyamoto, T., Nakagawa, T., Ema, M., Ichiyama, Y., Shima, D. T., Hozumi, K., Nishimura, S. & Kubota, Y., 2020 8 15, : : Developmental Biology. 464, 2, p. 137-144 8 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Mesenchymal stem cell-based tissue regeneration therapies for periodontitis

    Ouchi, T. & Nakagawa, T., 2020 6, : : Regenerative Therapy. 14, p. 72-78 7 p.

    研究成果: Review article

    公開
  • 6 引用 (Scopus)
    公開