• 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
20182019

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント

Tatsuya Kashiwabataが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または
  • Can morality be ascribed to robot?

    Nagataki, S., Ohira, H., Kashiwabata, T., Konno, T., Hashimoto, T., Miura, T., Shibata, M. & Kubota, SI., 2019 6 25, Proceedings of the 22nd International Conference on Human-Computer Interaction, INTERACCION 2019. Association for Computing Machinery, 44. (ACM International Conference Proceeding Series).

    研究成果: Conference contribution

  • On the robot as a moral agent

    Nagataki, S., Shibata, M., Hashimoto, T., Kashiwabata, T., Konno, T., Ohira, H., Miura, T. & Kubota, S., 2018 9 12, Proceedings of the 19th International Conference on Human-Computer Interaction, Interaccion 2018. Association for Computing Machinery, 24. (ACM International Conference Proceeding Series).

    研究成果: Conference contribution