• 2588 引用
  • 23 h指数
1993 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yoji Ohashiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

BCS–BEC crossover in cold atomic and in nuclear systems

Ohashi, Y., Tajima, H. & van Wyk, P., 2020 3, : : Progress in Particle and Nuclear Physics. 111, 103739.

研究成果: Review article

  • Nonequilibrium strong-coupling theory for a driven-dissipative ultracold Fermi gas in the BCS-BEC crossover region

    Kawamura, T., Hanai, R., Kagamihara, D., Inotani, D. & Ohashi, Y., 2020 1 7, : : Physical Review A. 101, 1, 013602.

    研究成果: Article

  • Spin-dipole mode in a trapped Fermi gas near unitarity

    Tajima, H., Recati, A. & Ohashi, Y., 2020 1 13, : : Physical Review A. 101, 1, 013610/.

    研究成果: Article