• 15 引用
  • 3 h指数
20162017

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yuka Nagashimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 15 引用
  • 3 h指数
  • 3 Article
  • 1 Letter

Five cases of childhood-onset Graves’ disease treated with either surgery or radio-iodine therapy

Tomari, K., Goto, M., Shimada, A., Yagi, H., Nagashima, Y. & Hasegawa, Y., 2017, : : clinical pediatric endocrinology. 26, 4, p. 265-269 5 p.

研究成果: Article

公開
  • 1 引用 (Scopus)

    A novel dominant negative mutation in the intracellular domain of GHR is associated with growth hormone insensitivity

    Takagi, M., Shinohara, H., Nagashima, Y., Hasegawa, Y., Narumi, S. & Hasegawa, T., 2016 10 1, : : Clinical Endocrinology. 85, 4, p. 669-671 3 p.

    研究成果: Letter

    3 引用 (Scopus)
  • 6 引用 (Scopus)

    Novel heterozygous mutation in the extracellular domain of FGFR1 associated with Hartsfield syndrome

    Takagi, M., Miyoshi, T., Nagashima, Y., Shibata, N., Yagi, H., Fukuzawa, R. & Hasegawa, T., 2016 10 13, : : Human Genome Variation. 3, 16034.

    研究成果: Article

    公開
  • 5 引用 (Scopus)