• 660 引用
  • 14 h指数
1984 …2017

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yuriko Matsuzakiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 660 引用
  • 14 h指数
  • 21 Article
  • 3 Review article
  • Progression of Human Renal Cell Carcinoma via Inhibition of RhoA-ROCK Axis by PARG1

    Miyazaki, J., Ito, K., Fujita, T., Matsuzaki, Y., Asano, T., Hayakawa, M., Asano, T. & Kawakami, Y., 2017 4 1, : : Translational Oncology. 10, 2, p. 142-152 11 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)

    Establishment of HRASG12V Transgenic Medaka as a Stable Tumor Model for In Vivo Screening of Anticancer Drugs

    Matsuzaki, Y., Hosokai, H., Mizuguchi, Y., Fukamachi, S., Shimizu, A. & Saya, H., 2013 1 14, : : PloS one. 8, 1, e54424.

    研究成果: Article

  • 9 引用 (Scopus)

    C-MYC overexpression with loss of Ink4a/Arf transforms bone marrow stromal cells into osteosarcoma accompanied by loss of adipogenesis

    Shimizu, T., Ishikawa, T., Sugihara, E., Kuninaka, S., Miyamoto, T., Mabuchi, Y., Matsuzaki, Y., Tsunoda, T., Miya, F., Morioka, H., Nakayama, R., Kobayashi, E., Toyama, Y., Kawai, A., Ichikawa, H., Hasegawa, T., Okada, S., Ito, T., Ikeda, Y., Suda, T. および1人, Saya, H., 2010 10 21, : : Oncogene. 29, 42, p. 5687-5699 13 p.

    研究成果: Article

  • 98 引用 (Scopus)

    Reversible whole-organism cell cycle arrest in a living vertebrate

    Sampetrean, O., Lida, S. I., Makino, S., Matsuzaki, Y., Ohno, K. & Saya, H., 2009 2 15, : : Cell Cycle. 8, 4, p. 620-627 8 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 7 引用 (Scopus)