• 906 引用
  • 19 h指数
20072020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yusuke Kobayashiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 15 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Cowden syndrome complicated by schizophrenia: A first clinical report

Kobayashi, Y., Takeda, T., Kunitomi, H., Ueki, A., Misu, K., Kowashi, A., Takahashi, T., Anko, M., Watanabe, K., Masuda, K., Uchida, T., Tominaga, E., Banno, K., Kosaki, K. & Aoki, D., 2020 8, : : European Journal of Medical Genetics. 63, 8, 103959.

研究成果: Article

  • LAMC1 is a prognostic factor and a potential therapeutic target in endometrial cancer

    Kunitomi, H., Kobayashi, Y., Wu, R. C., Takeda, T., Tominaga, E., Banno, K. & Aoki, D., 2020 1 1, : : Journal of gynecologic oncology. 31, 2, e11.

    研究成果: Article

    公開
  • Significance of PD-L1 expression in carbon-ion radiotherapy for uterine cervical adeno/adenosquamous carcinoma

    Iijima, M., Okonogi, N., Nakajima, N. I., Morokoshi, Y., Kanda, H., Yamada, T., Kobayashi, Y., Banno, K., Wakatsuki, M., Yamada, S., Kamada, T., Aoki, D. & Hasegawa, S., 2020 1 1, : : Journal of gynecologic oncology. 31, 2, e19.

    研究成果: Article

    公開