• 1114 引用
  • 13 h指数
20102020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yuuri Terasawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 28 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Effects of interoceptive training on decision making, anxiety, and somatic symptoms

Sugawara, A., Terasawa, Y., Katsunuma, R. & Sekiguchi, A., 2020 3 17, : : BioPsychoSocial Medicine. 14, 1, 7.

研究成果: Article

公開
  • Neural and clinical changes of cognitive behavioural therapy versus talking control in patients with major depression: A study protocol for a randomised clinical trial

    Katayama, N., Nakagawa, A., Abe, T., Kurata, C., Sasaki, Y., Mitsuda, D., Nakao, S., Mizuno, S., Ozawa, M., Nakagawa, Y., Ishikawa, N., Umeda, S., Terasawa, Y., Tabuchi, H., Kikuchi, T. & Mimura, M., 2020 2 25, : : BMJ open. 10, 2, e029735.

    研究成果: Article

    公開
  • Retrospective time estimation following damage to the prefrontal cortex

    Kurosaki, Y., Terasawa, Y., Ibata, Y., Hashimoto, R. & Umeda, S., 2020 3 1, : : Journal of neuropsychology. 14, 1, p. 135-153 19 p.

    研究成果: Article

  • Affective and temporal orientation of thoughts: Electrophysiological evidence

    Ito, Y., Shibata, M., Tanaka, Y., Terasawa, Y. & Umeda, S., 2019 9 15, : : Brain Research. 1719, p. 148-156 9 p.

    研究成果: Article